PMP試験対策ブログ ビジネスケースとベネフィットマネジメント計画書の作成

こんにちは。PMP Masterです。

PMP試験対策ブログ更新していきます。


皆さん、いきなりですが・・・質問させてください。

ご自身がPM(プロジェクトマネジャー)を担当しているプロジェクトについて、

 

ビジネスケースとベネフィットマネジメント計画書って見たこと、もしくは作成されたことございますか??

 

プロジェクトにおける「ビジネス・ケースとベネフィットマネジメント計画書」とはいったいどんなもので、プロジェクトのための何を意味するのでしょうか?

PMP試験対策の良書であるリタ本には以下のように記載されています↓

PMP試験対策 ビジネスケース リタ本

ビジネスケース

PMPに確実に合格したいなら読んで頂きたいRita本PMP Exam Prep: Accelerated Learning to Pass the Project Management Professional (PMP) Exam

 

ビジネスを進めたいスポンサーの観点から”ビジネス・ケース“”とは、端的に述べますと・・・

「プロジェクトのへの投資価値を判断するため判断材料」

になります。

PMBOK®ガイドに沿ってプロジェクトをスタートさせる場合、全てのプロジェクトがビジネスケースを発端として、プロジェクトを立ち上げることになります!

 

PMBOK®ガイド第6版には、以下の様なビジネス・ケースが例示されています。

  • 市場需要
  • 組織のニーズ
  • 顧客要求
  • 技術的進歩
  • 法的要件
  • 生態系の影響
  • 社会的ニーズ

↑このような知識を丸暗記・記憶する必要はございませんよ。

詳しくは、続くPMP試験対策のポイントでヽ(・∀・)ノ

 

PMP試験対策のポイント>

これからのPMP試験対策の記事全般に言えることなのですが、PMP試験は知識を問う試験ではなく、PMIの考え方に沿ったPMBOKガイドを理解しているか、そのPMBOKガイドに沿って動けるPMとしての経験や素養があるかどうかを試す試験です。

 

暗記でクリアーできるような問題は、200題中1題あるかないかです。

PMP試験対策をする上では、上記の文言を暗記する必要は一切ありませんので、ご安心ください。そして暗記以外の視点でPMP試験対策を準備していきましょう!

 

繰り返しになりますが・・暗記しても、PMP試験問題は解けません。

 

暗記ではなく、

  • ビジネスケースが何を意味し、
  • 何のために必要であるのか、
  • ビジネスケースがプロジェクトの発端であり、
  • ビジネスケースがプロジェクトチャーター(憲章)のもとになっている(インプット)
と理解していればOKです。

 詳しいお話は、PMBOK® ガイド第6版と有名なRita本に記載があります。ご参考に。

 

PMBOK® ガイド第6版➡プロジェクトマネジメント知識体系ガイド PMBOKガイド 第6版(日本語)

 

Rita本⇒PMP Exam Prep: Accelerated Learning to Pass the Project Management Professional (PMP) Exam

 

もう一点言及させてください。

ビジネスケースは必ずしも文章である必要はなく、パワーポイントのスライドであることが多いです。私が企業に所属していた時も、紙媒体の文書ではなく、powerpointのスライドで作成しておりました。

 

ここらへんのお話は、実はプロジェクト憲章についても同様のことが言えます。

プロジェクト憲章についての記事は、こちらから↓

ameblo.jp

 

何かプロジェクトをスタートさせたい場合は、人・モノ・金が必要になります。そのすべてをご自身が持って入ればすぐにプロジェクトを実行できます。(そういった場合でも、ビジネスケース・プロジェクト憲章は必要ですが・・)

 

そうでない場合は、パワーポイントを使って作成したビジネスケースで、スポンサーやステークホルダーにプロジェクト活動の認可の可否を判断してもらうことになります。スポンサーに説明する内容なので、そのプロジェクトの意義やメリット等を記載していることとなります。


実社会では、ビジネスケースとベネフィットマネジメント計画書は、セットになっている事が多いと思います。PMBOK®ガイド 第6版では別々に記載されておりますが、こういう点はPMBOK®ガイド 第6版と実社会の差ですのであまり気にせずに理解していきましょう!


<まとめ>

  • ビジネスケースは、プロジェクトの経済的な価値について実現可能性を判断するための資料である
  • ベネフィットマネジメント計画書は、ベネフィットがいつどのように実現するかを説明し、ベネフィットの測定を実現するための方法が記載されている
  • ビジネス文書は、プロジェクト憲章のインプットである。
  • ビジネスケース・ベネフィットマネジメント計画書はセットになっていることが多い。
  • ビジネスケース・ベネフィットマネジメント計画書・プロジェクト憲章は必ずしも紙媒体でないといけないわけではない!

 

 今後ともご愛読よろしくお願いいたします。PMP試験対策関連、PMP試験申し込みについて、疑問などがございましたら、お気軽のお問い合わせください。

こちらからどうぞ⇒ご質問・お問い合わせ

 

 

PMP試験申請のプロセスにサポートが必要な方、PMP試験申請のための英文作成にお困りの方、英文作成代行サービスをご活用ください。

 

英文作成代行サービスをご利用の方で、PMP試験申請の疑問や監査に該当してしまった場合などは、無料でサポートさせていただきます↓

PMP受験申請用 英文作成代行サービス〉


PMP試験対策講師として、 PMP受験英文作成代行サービスをしております。

PMP受験申請用に、今すぐ英文作成が必要な方はお問い合わせください。


PMP試験対策 PMP受験申し込み英文作成代行サービス - PMP試験対策ブログ

pmpmaster.hatenablog.com

 

<料金・サービス内容>

英文作成代サービスの料金は、フルパッケージで11,000円(税込)となります。

(2019/10/1より消費税増税に伴い価格改定させていただきました。ご理解いただけますよう宜しくお願い申し上げます)


所要期間:一週間程度

 

ご自身の必要な記載プロジェクト数が3つ、4つ、5つ、それ以上であっても、4500時間(7500時間)のプロジェクト数で同一のパッケージ料金にて代行させていただきます。もし監査対象になった場合でも、監査対応に関する英文作成はサービスでさせていただきます。

 

日本語記載にて、あなた様のプロジェクトマネジメントの経歴を教えていただければ、PMP試験申請のためのポイントを踏まえた英文の経歴を、「1週間程度」で作成いたします。

 

英文作成サービスをご利用をご希望される方は、まずは下記のお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせ・お申込みください。

 

<お問い合わせ>

PMP受験英文作成代行➡お問い合わせはこちらから

 

 

PMP試験申し込みはお早めに!2020年からPMP試験問題が改訂されます⇒

pmpmaster.hatenablog.com

 

PMP試験対策講座-PMP Master★

PMP試験とは、プロジェクトの全体をイメージ出来るPMが合格できる試験です。

一回でPMP試験に合格したい方は、PMP MasterのPMP試験対策講座にお申込みください。

 

PMP試験対策講座の詳細はこちらPMP試験対策講座

お申込みはこちらから PMP試験対策講座お申込み

 
合格までのサポートをさせていただきます。

(万が一、本講座を受講しながらPMP試験に不合格になってしまいましたら、再受講は無料で可能です。絶対にPMP試験に合格しましょう!)

 

PMP試験対策講座の無料説明会を実施しております★

PMP試験対策講座の紹介をしております。また、PMP試験対策に関するあらゆる質問も受け付けております。

無料ですので、お気軽にお申込みください⇒PMP試験対策講座 無料説明会お申込み

 (お申込みの際は、お名前、希望日時を添えて、お申込みください)